開催概要
東京会場 日 時
2017年11月21日(火)
受付時間:13:30~14:00
開催時間:14:00~16:30(質疑応答時間15分含む)
場 所
トスラブ山王健保会館2F
東京都港区赤坂2-5-6

http://cat.e-coms.co.jp/01/documents/map.pdf

アクセス ・「溜池山王駅」徒歩3分(東京メトロ銀座線・南北線)
・「赤坂駅」徒歩5分(東京メトロ千代田線)
・「赤坂見附駅」徒歩7分(東京メトロ銀座線・丸の内線)
大阪会場 日 時
2017年11月30日(木)
受付時間:14:00~14:30
開催時間:14:30~17:00(質疑応答時間15分含む)
場 所
グランフロント大阪ナレッジキャピタルカンファレンスルーム Room B01
大阪府大阪市北区大深町3-1グランフロント大阪 北館タワーB10階

https://kc-i.jp/access/

アクセス ・「大阪駅」徒歩3分 (JR各線)
・「梅田駅」徒歩5分(地下鉄御堂筋線・阪急電鉄・阪神電鉄)
定 員 各会場:先着70名様
※当セミナーは広告代理店様限定とさせていただきます。
※当セミナーは先着順でのお申込みとさせていただきます。
定員になり次第、締め切らせていただきますのでお早めにお申込みください。
お申込み

本セミナーは終了いたしました。ご来場誠にありがとうございました。

参加費 お一人様通常10,800円(税込)のところを、事前申込みの方のみ特別価格の2,000円(税込)にてご参加いただけます。
※お一人様の参加費となります。
※参加費はセミナー当日受付時にお支払いただきます。
(当日は領収書をご用意しております)
3大参加特典
特典1:弊社独自の店頭プレゼントキャンペーンのデータベース「キャン索」スタンダードの1日使い放題無料券を差し上げます。
※2017年12月末日までのお申込みの方に限り有効
※初回利用の方限定

特典2:キャンペーン応募専用アプリ「パルなび応募」でのキャンペーン初期費用無料実施券を差し上げます。
※2017年12月末日までのお申込みの方に限り有効
※2ヶ月以上実施のキャンペーンに限り有効

特典3:セミナー参加費10,800円(税込)のところ、事前お申込みの方のみ 特別価格2,000円(税込)にてお申込みいただけます。
講 師 第1部
大川 祐介
株式会社パルディア 執行役員 部長

【講師経歴】
株式会社パルディア入社後、消費財メーカーと流通チェーンで展開される数多くの店頭キャンペーンに携わる。
2015年 日本プロモーショナル・マーケティング協会(JPM)主催「プロセス革新講座」 キャンペーン運営のキーポイント 講師
第2部
中沢 敦
株式会社パルディア 代表取締役社長

【講師経歴】
1967年生まれ
大学卒業後、大手広告代理店に入社。消費財メーカーや大手CVSチェーンをクライアントに持ち、多種多様なプロモーション企画に携わる。その後、株式会社パルディアを設立。
以後は、店頭プロモーションに特化し、流通チェーンや消費財メーカーの店頭戦略に数多く携わる。
消費財メーカーと流通チェーンのタイアップキャンペーンや店頭プロモーションのプランニング、店頭販促のコンサルティング等にて幅広く活躍中。
2008年よりマーケティング研究協会主催、店頭プロモーションの具体策セミナー講師。
2010年12月にPHP研究所より『[図説]今すぐ売上が伸びる!店頭プロモーション術』を執筆・発刊。
2012年8月号より、販促会議(宣伝会議発行)にてプレゼントキャンペーンピックアップデータの連載。
2013年6月に中経出版より、『なぜ小さなコスメ店が大型ドラッグストアに逆襲できたのか?』を執筆・発刊。
2017年3月『 見て!学んで!すぐ実践 動画で学べる!手書きPOP』監修・発行。
講演内容
第1部講演内容:2017年度上半期 店頭キャンペーンの事例&傾向紹介
~店頭広告キャンペーン専門会社だからこそのキャンペーン事例・
ここでしか聞けない最新調査レポートとキャンペーンの傾向について~

・最新の店頭広告キャンペーンの傾向・話題のキャンペーン事例
・キャンペーンデータベース「キャン索」を使った集計結果(2017年度上半期最新版)
・ナショナルキャンペーンと流通タイアップキャンペーンの実施比率
・メーカーキャンペーン実施数ランキング
・流通タイアップキャンペーン数ランキング
・店頭広告キャンペーンのトレンドとは?
・人気プレミアム景品ランキング

など独自調査レポート発表!

第2部講演内容:最新スマホ向けプロモーション事例紹介
~スマホを活用したリアルプロモーション事例~

スマートフォンの急速な普及により、リアル店舗の販促手法が劇的に進化しつつあります。オンライン情報とリアル店舗の情報をリンクさせながらプロモーションを行う新たな施策が注目されています。
マス媒体が効かない、予算が減少する、そして毎年売上が下がる、こんな悩みを最新スマホプロモーション事例で解決します。
最新の米国・国内の新たな事例を紹介し、今後の次世代プロモーションの方向性を提言いたします。